企業情報

品質方針

能登印刷株式会社白山工場 ISO9001 品質方針

理念

私たちの仕事は、お客様の「思い」を「カタチ」にすることである。

そのためには、お客様の考えていること、意図するものを捉えこむ感性と、それを的確にカタチにする表現⼒と印刷⼒が相伴わなければならない。その「感性と表現技術(表現⼒と印刷⼒)」のことを、私たちは「コミュニケーション・テクノロジー」と云い、能登印刷は「コミュニケーション・テクノロジーを拓く会社である」と概念化してきた。

企画、制作から製版、印刷、製本と、コミュニケーション・テクノロジーの領域は多岐にわたる。就中、印刷メディア事業としては、デジタル化を追い風に、良い印刷物を創るための印刷⼒を強化し、印刷再現品質の最適化に取り組むことで、お客様のより深い満足と信頼を得なければならない。

品質方針

私たちは、良い印刷物を創るために、能登印刷株式会社白山工場における品質方針を次の通り定める。

  1. 営業品質、製造品質、管理品質を統合した品質マネジメントシステムを構築し、その有効性を継続的に改善する。
  2. 作業標準を確⽴し、品質の向上と併せて省⼒化やコストの低減など、生産性の向上をも図ること。
  3. 技術、技能の向上とともに新しい技術や生産方法なども積極的に導入し、常に顧客ニーズの開発に取り組むこと。
  4. 5Sや機器のメンテナンスなど日常的な管理メニューを徹底すること。
  5. 各部門は、この方針を自部門の全ての部署、部員、ならびに関係先に周知させること。また、本方針の展開状況を定期的にレビューし継続的改善を⾏う。

制定 2004年1月1日
改定 2012年7月1日
能登印刷株式会社 代表取締役 能登健太朗