ニュース

水なし印刷導入

能登印刷株式会社は2008年4月1日より水なし印刷を開始しました。
従来のオフセット印刷では刷版を出力する工程や印刷工程で有害廃液の排出、有害物質の排出などが発生しますが、水なし印刷はそれらの有害物質の使用や排出が大幅に削減でき、人や環境にやさしい印刷方式です。また、水を使用しないことにより見当精度が格段にアップし品質の向上にもつながっています。

この水なし印刷方式で印刷した印刷物のみにつけられるのがバタフライマークですが、弊社も日本WPA(Waterless Printing Association)協会よりPIN(認識番号)が付与され水なし印刷製品には、このマークをつけることができるようになりました。バタフライマークは世界規模の環境保全団体WPAが水なし印刷を認証するウォーターレスマークです。

 
batafurai.gif

│ 2008年4月9日 │

アーカイブ