ニュース

環境にやさしいホットメルトを導入

6月より「難細裂化EVA系ホットメルト」を本格的に使用することになりました。

従来型のホットメルト接着剤は、リサイクルの古紙施設処理で細かくなってい(細裂化して)フィルターを通り、パルプに混入してしまいます。

それが再生紙の品質低下を招きリサイクルの支障になります。この問題に対応して改良された難細裂化EVA(エチレン酢酸ビニル共重合樹脂)系ホットメルト接着剤を使用すれば、細裂化せず大きな破片となるのでフィルターを通らずパルプに混入することがなくなり、リサイクルの支障になりません。

│ 2010年8月2日 │

アーカイブ