採用情報

社員紹介

田村 直樹

2001年 入社

製造部印刷課 所属


仕事内容を教えてください。

8色機の印刷オペレーターを担当しています。具体的には、印刷機を動かしたり、印刷の色合いや印刷位置のズレを調節したりしています。私がオペレーターを担当している印刷機は、両面刷りのカラー印刷が可能のため、片面刷りの印刷機よりも生産性に優れています。そのため、枚数の多い印刷物や、部数が非常に多い物件の印刷を担当しています。


仕事の楽しいところを教えてください。

自分が手がけた印刷物がきれいに仕上がったときです。時々、お客様から「良い具合に仕上がった」と褒めてくれることがあり、それが大きな励みになりますね。自分の仕事が評価してもらえることは、例えささやかなことであっても嬉しいです。また、部署内のチームワークが良く、協力し合い作業しているので、楽しみながら働ける環境が整っています。社員同士のプライベートの付き合いも充実しています。


印刷の仕組みと流れを分かりやすく教えてください!

カラー印刷は、刷版と呼ばれる4枚の板を使います。それぞれ黒(K=クロ)・青(C=シアン)・赤(M=マゼンダ)・黄(Y=イエロー)のCMYKと呼ばれる四色が、どれくらいの比率で印刷する紙面上に必要かを取り出したもので、この4枚の版が印刷の原版となります。印刷機の中で各版に各色のインクが乗せられ、順番に印刷紙の上に色が重ねられていくことで、きれいな印刷物ができあがります。モノクロ印刷も、版が1枚であること以外、大まかな仕組みは同じです。


きれいに印刷するコツはありますか?

まず、出来あがりの状態を確かめるために試し刷りを行います。その際に、もし色の濃淡のバランスが崩れていたり、黒文字の端から黄色がにじみ出ていたりということがあれば、機械で調整します。調整には高い技術が必要とされるので、知識と経験を重ねて少しずつ習得していきます。


印刷とコピーの違いを教えてください。

やはりできあがりの美しさは、印刷とコピーでは比べ物になりません。印刷機は製品としての印刷物を刷るための機械ですから、品質の良さは段違いです。
印刷できる紙の大きさと、印刷スピードの違いも大きいですね。印刷機はA4用紙8枚分の大きな紙を、コピー機の何倍もの速さで印刷することができます。

ある1日の
スケジュール