Notoの強み

Notoの強み

1. わが社の事業の定義(ドメイン)

エンドユーザが知りたい思いをカタチにし、発信・開発することによって、人や社会、お客様の伝えるをサポートする仕事

2. わが社が提供できる独自のサービス(強み)

(1)エンドユーザが知りたい思いをカタチにし、伝える難しさの先にあるものを伝えるサポートをする

BRANDING
01 ブランドコンセプト
ブランドの目指す価値観を一言集約
02 ブランドターゲット
重点顧客を絞り込み支持率を高める
03 ブランドバリュー
本質的価値を発見し磨き上げる
04 ブランドキューレーション
ブランドの再編集で価値を際立たせる
05 ブランドマネジメント
ブランドを維持・管理する社内体制
06 インナーブランディング
ブランドの理解・浸透への社内活動
07 アウターブランディング
価値を正しく伝える手段の最適化
  • 社史・記念誌からのインナー・アウターブランディング
  • 出版からのインナー・アウターブランディング
  • 大学・学生への情報発信
  • 自費出版からのインナー・アウターブランディング
  • 入社/会社案内からのインナー・アウターブランディング
  • コンセプトブックからのインナー・アウターブランディング

(2)印刷とソーシャルネットワークの融合により、オウンドメディアを通じてコンシューマーへ情報発信する

印刷といいじ金沢との融合

いいじ金沢から発展した商店街紹介冊子

はっぴーママ(冊子、WEB)での紹介

(3)自社のデジタルソリューション力により、お客様の課題解決のサポートをする

製品・サービス

(4)製品の企画からデリバリまで一貫したワンストップサービスで提供する

企画提案、デザインから印刷・出版、そして流通まで、すべての工程を一貫して行うことができます。
そのため、お客様の抱える問題を自社でトータルにサポートでき、顧客満足度の向上につながります。

わが社の独自サービスの基盤となるベーステクノロジー

培った編集力

グループ3 社で長年、出版事業を展開。そこで培った企画・編集力はわが社のノウハウとして生き続けています。

全国への流通チャネル

能登印刷出版部・梧桐書院という出版社をグループ内に持っており、全国の書店コンビニに出版物を流通させることができます。

最先端技術をそなえたDTP

出版事業で培った組版技術や最先端設備・カラーマネジメントの研究などによりDTP部隊は高い専門性を持っています。またこの技術がデジタル・IT技術にも生きています。

印刷技術

カラーマネジメントの研究をベースに、230線での標準カラー印刷やハイファイン印刷を開発。北陸有数のJapanColor マッチング認証を取得するなど色の再現性では、高い評価をいただいています。

製本工場を持ちワンストップ体制を実現

無線綴じは512 ページを一度に製本できる北陸最大のラインを保有。折機・中綴じなどのラインナップ。企画・編集から製本、デリバリまでの一貫体制を実現しました。