事業領域

ECサイト構築

ECサイト構築で商品販売経路を拡大しませんか?

ECサイトとは主にネットショップのことを指します。
実店舗を持たずとも商品を販売することができ、ユーザーは、いつでも、誰でも、どこからでも購入することができます。

ECサイトには「モール型」と「自社サイト型」の2種類あります。

手間を省いてすぐに始められるモール型サイト

モール型サイトとは、Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングなどのように、様々なお店や企業が集まって商品を販売しているサイトのことです。
モール型サイトを利用することでショッピングカートや決済を設置する手間がありません。ショップのひな型も用意されているので、出店者はECサイトを構築する必要はなく、ユーザーも多いため集客に期待できます。
モール型サイトには出店料や売り上げの数%を支払う必要があります。また、ライバル商品と比べられることから価格競争になりがちです。

弊社では「城下町金澤本舗」というモール型サイトであるAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングへの出店代行サービスを行っています。城下町金澤本舗サイト内に店舗ページを作成し、販売のご依頼をいただいた商品を掲載します。商品が売れると弊社からご連絡しますので、配送の手配をしていただくだけです。出店の準備から集金まで手間いらずで販売できます。

必要な機能やデザインも自由な自社サイト型

自社サイト型は0からECサイトを構築し、運営するサイトのことです。
ショッピングカートや決済、受注・顧客管理のシステムを構築しなければならず、セキュリティ面も配慮が必要です。モール型と比べて開設や集客に時間がかかります。
その分、システムやデザインを最適なものにすることができ、運営も自由度が高いです。
興味を持ってサイトを訪れたユーザーに対して直接商品を販売することができ、キャンペーンや独自のポイントを付与するなどのサービスを提供することもできます。

弊社では内容にあったショッピングカートの選定からECサイトの制作、決済システムの導入サポート、ECサイト開店後の運用支援などトータルでお手伝いしています。

「モール型」と「自社サイト型」どちらを選ぶか

どちらもメリットとデメリットがあります。売りたい商品や生産性、運営体制によってどちらが良いかを検討します。
ライバル商品が少なく、運営に人や時間を割けない場合はモール型が、受注生産や幅広いサービスを提供したい場合は自社サイト型がおすすめです。
まずはご相談ください。