事業領域

SSL対応

SSLとは

SSLとは通信上の暗号化のことでウェブサイトに適用することができます。
ウェブサイトのアドレスは「http://」で始まっていますが、SSLに対応したウェブサイトのアドレスは「https://」で始まります。

ウェブサイト上で何を暗号化するかというと、それは、ウェブサイト内でやり取りされる情報です。
たとえば問い合わせフォームで名前やメールアドレスを入力し、送信ボタンを押すと確認画面が表示されます。このとき、入力フォームのページから確認画面のページに入力した情報が送られるのですが、暗号化されていない場合、この通信内容が、悪意ある第三者に盗み見られてしまうかもしれません。名前やメールアドレスだけならいいのですが、ショッピングサイトではクレジットカード番号も入力するので、それが盗み見られ、抜き取られてしまうと大変です。

つまりSSLの役割というのは、ユーザーの個人情報やログイン情報を盗み見られないように暗号化することです。なので、ショッピングサイトやお問い合わせフォームのページへのSSL対応は絶対に必要なものになります。
逆にいえば、そういうサイトでなければ対応は不必要ということになります。

しかし、2018年にこの状況が変わります。
GoogleがブラウザのChromeでSSLに対応していないウェブサイトを閲覧した場合、アドレスバーに「通信が安全でないことを通知するラベルを表示する」ように仕様を変更したのです。これらのGoogleの方針により、従来は重要な個人情報を扱うサイトだけが対応しなければいけないSSLが、すべてのサイトで対応しなければいけないことになってしまったのです。
またGoogleはすべてのサイトがSSLに対応することを推奨しており、検索順位にも影響があることを明言しています。対応していないからといって検索順位が大きく下がることはないと思われますが、若干のマイナス要因にはなるようです。
このようにSEOの観点からも常時SSL化をしておいたほうが恩恵が得られると考えられます。

SSL対応をするには

  1. 御社のWebサイトのサーバーをチェックする
  2. 自社サーバーですか?レンタルサーバーですか?

  3. どの証明書を利用するか決定
  4. SSLに対応するにはSSL証明書というものを取得する必要があり、それを毎年更新する必要があります。この証明書の価格はまさにピンキリで、無料のものから何十万円もするものまであります。それだけ差があるとセキュリティ的に差があるように思われるかもしれませんが、暗号化の強度の差はありません。差があるのは信用度です。

  5. 証明書をサーバーに設定し、Webサイトを修正

さいごに

最近のSSLの対応についてはセキュリティの側面より、信用性の側面が重要視されるようになってきています。サイトを見ようとしたときに安全ではないと言われると、ユーザーは不安になります。
ユーザーに安心して利用してもらうためにも常時SSL化に対応することをおすすめします。

SSL対応をご検討の際は、価格を含め、お気軽にお問い合わせください。