データ入稿ガイド

完全データとしてのPDF入稿について、PDFデータのメリットや作成方法についてご案内いたします。

PDF入稿について

PDF入稿は安心のPDF/X-1a入稿

PDF /X-1aでの入稿も可能です。従来のDTPデータ入稿と比較し、PDF/X-1a入稿は3つのメリットがあります。

1 OSやアプリケーションを選びません!

印刷に適したPDF/X-1a であれば、Windows やMacintosh といったOS が異なる環境や、InDesign やIllustrator など作成したアプリケーションに関わらずに入稿することができます。

2 データは1つでOK! データトラブル減少!

PDF/X-1a は画像やフォント情報が埋め込まれているので、画像の添付し忘れや、出力先に使用したフォントがなくて困ったということがな
くなり、データトラブルの危険性が格段に軽減、印刷事故の減少になります。

3 仕上がりイメージを事前に確認!

印刷に適したPDF/X-1a であれば、出力環境が変わっても画面で見た通りのイメージで出力されます。
また、Acrobat ReaderなどのPDF 閲覧ソフトでフォントの埋込の確認や、画像の解像度が不足していないかチェックをする事ができます。

PDFデータの作成方法

PDFデータの作り方や確認方法、注意点などをアプリケーションごとにご紹介しています。PDF書き出しプリセットと一緒にダウンロード
してご利用ください。

入稿時の注意点

1 PDF入稿仕様書を記入してください

以下のPDF入稿仕様書をダウンロードし、データを作成した環境などの情報を入力の上、PDFデータと一緒にご入稿ください。
※PDF入稿仕様書はPDF上で入力できるデータになっています。

データ入稿仕様書

2 複数ファイルの入稿について

入稿いただくPDFデータが複数になる場合、どのページにどのファイルを使用するか具体的な指示を、PDF入稿仕様書にご記入ください。
またファイル名にはページ情報をいれるなど、識別しやすいファイル名をおつけください。

データ入稿に関するご相談は☎(076)274-6550能登印刷 製作部 までお問い合わせください