データ入稿ガイド

DTPでよく使われる用語について解説しています。

DTP用語集

アウトライン化

フォントをオブジェクト(図形)化する作業です。
これにより弊社で取扱のないフォントも正常に表示されます。

カラーモード(RGBとCMYK)

印刷はC(シアン)、M(マゼンタ)、Y(イエロー)、K(ブラック)の4色のインキで色を表現しますが、パソコンのディスプレイはR(レッド)、G(グリーン)、B(ブルー)の3色の光で色を再現します。
データをRGBで作成された場合、印刷時に色味が大きく変わる場合があります。ご入稿の際は、必ずCMYKでカラー調整をお願いします。

画像解像度

画像解像度とは、「一つの画像をどれだけの数の点で表現するか」を表す数値です。原寸サイズで300~350dpiにしてください。線画は2階調モードで原寸サイズ、1200dpi。
72dpiはWeb用の表示で、画面上ではきれいに見えますが、印刷するとカクカクして見えます。プロファイルは埋め込まないでください。

トンボ(トリムマーク)と塗り足し

トンボ(トリムマーク)は印刷物の仕上がり位置と塗り足し部分を指定する為に必要な線です。
塗り足しがないと、仕上がりサイズに断裁する時に生じるわずかなズレによって、絵柄が途切れてしまいます。それを防ぐために塗りたしを3mm以上付けていただく必要があります。
トンボは4色のインキを順に重ねて刷り上げる際、各色版の位置を合わせるための役割も果たしています。
文字は仕上がり位置より3mm以上内側に配置してください。

完全データ

弊社で修正の必要がない、そのまま印刷可能な完成されたデータのことです。弊社にて文字・画像修正等は行いません。

ファイルのパッケージ化

Ai・INDDで使用・配置している書体・画像データを収集してくれる機能です。
入稿時のデータ不備がありますと、印刷・納期に遅れが発生する場合があります。
※AiはCC以降、INDDはCS3~で対応しています
Adobe公式(イラストレータ編):https://helpx.adobe.com/jp/illustrator/how-to/package-data-print.html
Adobe公式(インデザイン編):https://helpx.adobe.com/jp/indesign/how-to/indesign-package-files-for-handoff.html

粗画像(アタリ)

粗画像とは、印刷にあたってドットが目立ちギザギザに見える画像のことを指します。
粗画像では印刷できないということはありませんが、写真画像の編集ミスやPDF変換の設定ミスの可能性もありますので、ご注意ください。
貼り込む画像の下絵となる粗画像を「アタリ」といい、その指定に合わせて画像を貼り込むことを「トリミング」といいます。

実画像

実際に貼り込む高解像度(300~400dpi)の画像のこと。

墨のオーバープリント

印刷時インキや水が用紙に付着すると、用紙の伸縮が発生し、見当ずれ(4つの版が完全に同じ位置で重ならない状態)が起こる場合があります。
小さな文字が見当ずれの影響を受けると、僅かなずれでも白い隙間が目立つため、弊社では墨ベタ(K100%)で作成された部分は「墨ノセ(ブラックオーバープリント)」という処理をおこないます。
墨ノセは、背面にある色と、前面にあるブラックを重ねて印刷します。

スポットカラー

特色(スポットカラー)は、「プロセスカラー」と呼ばれるCMYK(C:シアン、M:マゼンタ、Y:イエロー、Kブラック)の4色を掛け合わせて使用するプロセスカラー印刷のCMYK以外のカラー※のことです。
特色(スポットカラー)で表現したものがあると、その部分が似ている色に置き換わったり、また出力されず、白く抜けてしまうなどの問題が発生することがあります。フルカラー印刷の場合、スポットカラーをプロセスカラーに変換する必要があります。
※主に特色インクを使用する場合に用いられます。
※弊社でははご指定がない場合、プロセスカラー印刷になります。特色印刷がある場合は入稿仕様書にご記入ください。

データ入稿に関するご相談は☎(076)274-6550能登印刷 製作部 までお問い合わせください