• 制作実績
  • 自治体・団体
  • 印刷

「史跡 雨の宮古墳群」「任海宮田遺跡発掘調査報告III」

ハイ・ファイン印刷/発掘報告書

古墳や遺跡などの発掘調査報告書には、測量図や遺構図など、非常に精細な線で表現された図面が数多く掲載されます。こうした細かな線は通常の印刷方式では再現が難しく、ギザギザに見えてしまうこともありました。
石川県鹿西町(現在の中能登町)教育委員会様が平成17年に発行した「史跡 雨の宮古墳群」、平成20年に財団法人富山県文化振興財団埋蔵文化財調査事務所様が発行した「任海宮田遺跡発掘調査報告III」では、当社独自の高精細印刷ブランド「ハイ・ファイン印刷」を採用いただき、この問題を解決しました。
「ハイ・ファイン印刷」は細かな線がギザギザにならずにシャープなままで印刷できるので、遺跡出土品の実測図や地図などの微細な線や小さな文字もくっきり鮮やか。出土品の細かなディテールも鮮やかに再現します。

業種別

形態別

アーカイブ